体臭は遺伝子レベルで決まってる!? AGICA石鹸は救世主?

体臭は遺伝子レベルで決まってる!? AGICA石鹸は救世主?

救いの無い話ですが…

非常に残念な話ですが、ほとんどの体臭は生まれ持ったものらしく、変えることは難しいとのこと。

 

それは遺伝子レベルの話で、親から受け継いだものなのでしょうがないといえばしょうがない…のかもしれません。

 

ちょっと話が脱線しますが、たとえば叔父の髪の毛の薄く禿げた状態であれば、その孫(男)もそうなる可能性があることと同じですね。

 

わたしも、実は父親側の叔父が禿げているので、わたしも近々そうなるんじゃないかと思っているんです。
というより、もうすでにわたし自身、M字禿げになりかかっていますしね(^^;)

 

話を戻しまして、要するにあなたの親(父親と母親)や、そのまた親(叔父と叔母)の体臭がひどかったという話があれば、あなたもそれを受け継いでしまったという可能性があるわけです。

 

なので、そんな遺伝子レベルの体臭は根本的には改善できないとは思います…
ただ、なかには遺伝子は関係なく食事などの影響で体臭がきつい方もいるそうなので、それがまだ救いかもしれません…

 

でも、遺伝子によるものだろうが食生活によるものだろうが、その体臭を抑え続けることはできます!

 

AGICA石鹸は使い続けることでニオイの元を除去してニオイの発生を抑える効果が十分に期待できます!

 

使い続けることで妻や子ども、会社の同僚などからのあなたのニオイ評価を覆せます

 

実際、わたしも自分でもわかるくらいの異臭に悩まされていましたが、AGICAのおかげで枕カバーを毎日洗濯したり、毎日デオドラントシートを何度も使ってこまめに拭くことも無くなり、かなり助かっています!(^^*)

 

1個3,000円かかるとはいえ、今となっては手放せない石鹸ですね。

AGICA以外では対処のしようがない?

遺伝子レベルだと体臭の改善は非常に厳しいと思います。

 

でも、先ほども書いたように、もしもその体臭が遺伝子によるものじゃなく、食生活の影響や睡眠不足による影響だとしたら改善の余地はあります!

 

何も体臭=遺伝子だけっていうわけじゃないです!

 

あなたがもしも添加物たっぷりの肉類や脂っこい揚げ物、脂質の多い乳製品などを好んで食べている場合は、まずそこから改善することをおすすめします!

 

・コンビニに毎日通って菓子パンやカップ麺、コンビニ弁当を買う
・レストラン、ファーストフードなど、外食は毎日行っている
・甘いチョコレートやポテトチップスなどのお菓子が大好きだ!

 

これらを習慣にしている場合は、一つずつその習慣を改善することが食事による体臭を無くせる第一歩になります!
難しいかもしれませんが、自炊をするか、妻にお弁当を作ってもらうなどして体臭改善の手伝いをしてもらえるのならそれが一番良いです!

 

もしもお弁当を作れる場合は、『まごわやさしい』を意識すると体臭改善だけじゃなく身体の健康にも良いのでおすすめですよ!

 

ま…豆類で、大豆や小豆などのタンパク質が含まれる
ご…ゴマやナッツ類、クルミ、アーモンドなど。不飽和脂肪酸やビタミンEが摂取できる
わ…わかめやのり、昆布など。カルシウムや食物繊維が豊富。
や…野菜全般(根菜も含めて)。ビタミン群や食物繊維が豊富。
さ…魚全般。主にタンパク質が多く、魚の種類によって亜鉛やオメガ3脂肪、DHAなどが含まれる
し…しいたけやしめじなどのキノコ類。低カロリーながらビタミンBやD、ミネラルが含まれている。
い…イモ類。じゃがいもやサツマイモなど。食物繊維が豊富で適度な炭水化物が摂取できる。

睡眠の深さも大事!

食事も大事ですが、あとは適切な睡眠も大事です!

 

睡眠は別に長く眠ればいいってわけじゃないです。
深く眠る”ことが大事なので、それを意識した生活が重要になってきます。

 

睡眠を深くするコツ
昼寝をしておく

15分程度軽く昼寝をしておくことで夜の睡眠の深さが増して、睡眠不足の解消につながるとのこと。
あくまで、15分程度なので1時間とか眠ると逆に夜に眠れなくなってしまう可能性があるので注意です!

 

寝る1時間前にテレビやパソコンやスマホなどをいじらない

また、液晶画面の光(ブルーライト)を見たり、操作していると交感神経を刺激してしまって寝付けなくなります。

 

なるべく服の生地は柔らかいもの、ゆったりした服にする

あんまりピッチリした服や締め付けのある服などで寝ると寝返りが打ちづらくなり、ストレスがたまるのでなかなか快眠に繋がりません。
できれば柔らかい生地のゆったりめの服で寝ることをおすすめします。
自分の体格の1つ上のサイズがたぶん良いでしょうね。

 

寝る1時間前までにお風呂(ぬるめ)を済ましておく

スムーズに深い睡眠に入るためには、前もって体温を上げておくことが大事!
人間は、深部の体温(体の中心の体温)がだんだん下がっていくとリラックスして眠けが訪れます

 

なので、まずはぬるめのお湯に浸かり身体の芯まで温めておきます。
そして、お風呂のあと温度がだんだん下がってきて眠けが来るので、そのときに眠ると快眠しやすくなります!

 

ちなみに、熱いお風呂に入るとリラックスできず交感神経が活発になってなかなか眠れなくなるので、ぬるめのお湯にすることが重要です!

 

まぁ、言われて「なるほど、これから実践しよう!」っていう風にはならないと思います(^^;)

 

いままでの自分の生活を変えるってことは簡単じゃないですし、なによりもこれが遺伝子レベルの問題なのか、食生活で解決するような内容なのかもわかりませんからね…

 

でも、体臭だけじゃなくあなたの健康も含めて考えていたら、一度食生活と睡眠の見直しもしてみてはいかがでしょうか。