AGICA石鹸が合う肌質・合わない肌質

AGICA石鹸が合う肌質・合わない肌質

石鹸はアルカリ性で肌は弱酸性なので…?

AGICAに限らず、一般的に石鹸は洗浄力が高い(皮脂を落とす力が強い)ものが多いです!

 

あなたは、市販の石鹸を使って肌がヒリヒリして腫れたとか、かゆみを感じるようになった…なんてことはないでしょうか?

 

石鹸というのはそもそもほとんどがアルカリ性で、弱酸性である肌とは真逆な存在なんです!

 

肌が弱酸性を保っていれば肌を守る防御機能が働いていることになりますが、その状態が変わってしまうと、肌の防御機能が弱まり、肌が荒れてしまう原因になります(−_−;)

 

たとえば、弱酸性の肌にてアルカリ性のボディソープを使えば身体はアルカリ性に近づくため、肌の防御機能は低下します。
そして、もしもそのままだと、かゆみやヒリヒリ感だけじゃなくて、肌にニキビができたり、黒ずみができたりと肌トラブルを引き起こしてしまう可能性が出てきます。

 

ただ、人間にはもともとアルカリ性を中和することでもとの酸性に戻すアルカリ中和能”というのがあります!

 

その機能が高い健康な肌”を持っている方は、ふつうに石鹸を使っても肌荒れしないわけですね!(^^*)

 

ちょっと遠回りな説明をしましたが、要するに石鹸を使う場合は肌の防御機能が弱い方が使うと肌荒れを起こしてしまうため、あまりおすすめできないんです!

 

AGICA石鹸が合う肌質・合わない肌質は?

AGICAも洗浄力の高い石鹸なので、使う方によっては合わない可能性もあります!
それを肌質別に書くとこんな感じになります。

 

【肌別】
■脂性肌:◎
■普通肌:○
■乾燥肌:△
■敏感肌:△(極度な場合は×)

 

皮脂の分泌量が増えるほどニオイ(チーズ臭さや古本のような臭い)は増加する傾向があります。
なぜかと言うと、皮脂が酸化してできる過酸化物質に、パルミトオレイン酸(40代特有の)という物質が反応することで臭いが強くなるからなんです!

 

そのため、皮脂量が多い脂性肌の方だとAGICA石鹸は十分に役立ちます!

 

それに対して肌が乾燥しやすい方や敏感肌の方は、肌の防御機能が低下してしまっている状態!
AGICAのような洗浄力の高い石鹸を使うとただでさえ少ない皮脂がより落ちてしまい、より肌荒れしてしまうかも…

 

そのため、AGICA石鹸をおすすめできるのは皮脂量が多い脂性肌〜普通肌の方!

 

もちろん、基本的にはどんな肌質にも使えるようにAGICA石鹸には

 

・アロエベラ
・ショウガ根
・センキュウ
・トウキ根
・モモ葉
・オタネニンジン根
・ローヤルゼリー

 

といった敏感肌にやさしい成分も含まれています。
まぁ、個人的には使った感じだとかなり皮脂と汚れを落とす印象が強いため、あまりこれらの成分の意味はないように感じます…

 

ただ、それでも乾燥肌&敏感肌の方がAGICA石鹸を使いたいという場合は、前もってパッチテストをしてみたほうが良いです!
自宅で簡単にできるテスト方法です。

 

それで大丈夫ならそのまま続けてみたり、ダメだったら45日間の返金保証を使うという流れがベターだと思いますよ(^^*)

 

>>AGICA石鹸 まずはパッチテストを!

>>AGICA石鹸の全成分は? 安全性はどうなの?