AGICAで頭を洗うときに注意すること!

AGICAで頭を洗うときに注意すること!

AGICAの洗浄力は高いので…

一般的に、石鹸って洗浄力が高いですよね?

 

身体に使うのはもちろん、頭を洗うときに使う方もいるようですが、かなり髪の毛はパサパサになります。

 

AGICA石鹸も同じで洗浄力がかなり高いです…

 

頭皮の脂っぽさ(加齢臭の原因であるノネナール)を落として気持ちいい!と感じるかもしれませんが、髪の毛までダメージを受けるのはあまり良くないですもんね(^^;)

 

もしもあなたが頭部にも使う予定でしたら、トリートメントも別で使っていったほうが良いかと思います。

 

頭皮の脂を落とすにはお湯洗いから!

もしも、お湯で軽く流してからすぐにAGICA(もしくはお気に入りのシャンプー)を使おうとしているのでしたらちょっと待ってください!

 

頭皮に皮脂や古い角質、ホコリなどが残ったままAGICAやシャンプーをしても、それらは本来の力を十分に発揮できなくなってしまいます

 

まず、事前に予洗いをすることが大事です!

 

お湯(36℃〜40℃くらい)で頭皮をマッサージするように洗う

これだけでも汚れの7〜8割くらいは落ちます。
揉みながら2分くらいはお湯だけで洗います。

 

このとき、爪は立てちゃダメです!
頭皮をつまんで持ち上げる揉み方っていうイメージですね。

 

そうしてから、改めてAGICA石鹸なりシャンプーで洗っていきましょう!

 

十分にすすぐこと

すすぐときは、予洗いと同じくらい(2分ほど)しっかりと薬剤等を洗い流しましょう!
すすぎ残しがあると、かえって頭部にダメージを与えて臭いを悪化させる可能性があるので注意してください。

 

髪というよりは頭皮をすぐに乾かす

洗い終わってから、ドライヤーで髪を乾かしていくと思うんですが、このときどう意識していますか?
もしかしたら、髪が乾いたらOKみたいな感じでドライヤーを使っているかもしれませんが、それだけじゃ肝心の頭皮まで乾いていません!

 

髪だけ乾いていても、頭皮がしっとりと濡れている可能性があります!
髪の毛が乾いたあとに頭皮を指の腹で揉んでみてください。

 

指にしっとり感が無ければ乾いていますが、しっとり感があるようなら完全に乾ききっていないです。
菌はジメジメした場所が好きで、ニオイの原因になる菌がどんどん湧いてしまいます

 

髪の毛だけじゃなく、頭皮まできちんと乾かしましょう!

あと、AGICAの洗浄力が高いからと、洗いすぎるのは禁物です!

 

過度に頭皮の脂を落としすぎると、より多くの皮脂が分泌されてもっと脂ギッシュな頭皮になってしまうので、シャンプーは1日1回までにして、それ以上洗うときは湯シャン(お湯だけで洗う)で済ませるようにすると良いですよ!

 

AGICA石鹸は、使い方を大きく間違わなければ頼りになる相棒です。
これ1個で頭部〜身体のすべてを洗えてお手軽ですし、なかなかのサッパリ感があって良いですよ(^^*)

 

>>AGICA石鹸を使うときに注意する点+試してほしいこと