AGICA石鹸の実感力を高める洗い方&泡立て方!

AGICA石鹸の実感力を高める洗い方&泡立て方!

AGICA石鹸を我流で使うのも良いけど…

「どんな石鹸だろうと使い方なんて変わらないし、ゴシゴシ洗えばいいでしょ?」

 

って思うかもしれませんが、ゴシゴシは基本的にNGです!
肌を傷めてしまう上に、皮脂を取りすぎてしまってより皮脂が分泌される原因になってしまいます…

 

たしかに石鹸の使い方はみんな泡立てて洗うことですが、AGICAの場合はその泡を身体にまとわせるような洗い方をイメージしてください。

 

こすらず、なでるように泡を乗せて時間を置いてから洗い流すような感じです。

 

くわしくは、↓で5つのステップに分けて説明しますね。

 

しっかり実感するための泡立て方&洗い方!

@.まず、AGICAと泡立てネットを40〜42度のお湯で濡らす
A.濡れた泡立てネットをサッと2回振って水を切る(水分が多すぎると濃厚な泡にならない)
B.AGICAと泡立てネットをこすってモコモコな泡を作る
C.しっかり泡立ったら泡立てネット自体を身体に優しくこするようにしながら泡を塗って覆う
D.気になるところは泡を多めに塗り1分間ほど時間を置く

泡立てネットを濡らしすぎると泡自体が水っぽくなり濃厚な泡が作れなくなるので、なるべく水気は切っておいたほうが良いです。
肌が敏感な方は、泡立てネットから手のひらに泡を移して手で身体全体を覆うように塗っていくのもありです。

 

ちなみに、加齢臭が出やすいのは

 

■頭部
■耳の後ろ
■わきの下
■胸や背中

 

こういった部分なので、そこに泡を重点的に塗りこんで、1分間放置して洗うのが◎です!
1分間ほど時間を置くことで、銀イオンの抗菌効果を高めることができます!

 

泡立て方は動画でよく紹介されているので、参考にしてみてください。

 

 

※AGICAではなく、石鹸の泡立て方についての動画です