AGICA石鹸で身体のどの部分を洗うべき?

AGICA石鹸で身体のどの部分を洗うべき?

 

・ジアセチルが原因のミドル脂臭(30代くらいから始まる)
・ノネナールが原因の加齢臭(40代くらいから始まる)
・アポクリン腺が原因のワキガ(ワキガの原因である汗腺が生まれつき多い)

 

相手を不快にさせてしまっているニオイの種類はさまざまありますが、どこから出てくるかはだいたい決まっています

 

そして、検討ハズレなところばっかり洗っても、AGICAの持つ本来の効果を得にくいかと思います!

 

むしろ、ニオイの発生する部分をピンポイントで洗うだけでもニオイは抑えられますし、AGICAのコスパもすこしはマシになります

 

ここでは、AGICA石鹸をいったいどんな部分に使っていくべきかについて書いています。

 

【ニオイの発生源はどこ】

・頭(後頭部付近)
・顔のTゾーン(おでこから鼻にかけて)
・首元(後ろ全体)
・背中(中央付近)
・両脇の下
・股間

 

これだけニオイが発生する部分があるんですが、このなかでつい雑に洗ってしまう、洗い切れていない部分もあるんじゃないかと思います。

 

たとえば、わたしなんかはついつい首の後ろ(耳の後ろ付近など)を適当に洗ったり忘れてしまうことがあるので気を付けています。

 

背中なんかも見えない部分なので、きちんと中央部分を洗うように意識しています。

 

それと、洗い方で注意してほしいのは、タオルでゴシゴシこすらずに手で洗うことです!

 

タオルの繊維の摩擦は肌に思った以上の刺激を与えてしまい、皮脂の分泌量を加速させる原因にも…

 

手を使って爪を立てずにやさしく洗うことを意識しましょう!

 

ちなみに

 

「足とか洗わなくていいの!?」
「腕とか肩とかお腹周りとかは?」

 

と、不安に感じる方もいるかもしれませんが、基本的に腕やお腹周り、足などは汗やホコリなど水溶性の汚れがほとんどです。

 

お湯で洗い流すだけでも十分なんですよ(^^*)

 

無理に身体全体に使わず、必要な部分だけにしっかりと使って、ぜひAGICA石鹸の力を実感してください!